【高級枕】コアラふんわりピロー(枕)が当たる! ※6/3まで

高反発ウレタンマットレスの選び方とおすすめ13選!長持ちさせる方法も解説

高反発ウレタンマットレスおすすめ13選

マットレスの購入を考えているけれど高反発ウレタンっていいの?

本記事では、

  • そもそも高反発ウレタンってどんな特徴があるのか、低反発との違いは?
  • 自分に合うマットレスを選ぶには何を見ればよいか
  • 長く使うにはどうしたらよいか
  • おすすめの製品はなにか

など、高反発ウレタンマットレスについて網羅しています。

高反発ウレタンを検討している方は購入前に見ておくことで、損しないマットレス選びができるようになります。

目次

高反発ウレタンマットレスとは?

ウレタンマットレスの中の素材

まず、「ウレタン」と「高反発」に分けて説明いたします。

ウレタンとは?

そもそもウレタンは石油の一部やその他の液体薬品からできております。ウレタンと一括にしていますが、実はウレタンの中でもたくさんの種類があり、それらは製造方法によって変わります。

マットレス以外にも台所スポンジや断熱材などがウレタンフォームに該当しますが、マットレスに使われるウレタンフォームはある程度、通気性やクッション性、復元性が高いものを使用します。

クッション性が高いので、ソファーや椅子などの家具に用いられることも多いです。

高反発とは?低反発との違い

「高反発」と「低反発」の違いは、マットレスにおいて言えば”寝返りのしやすさ”です。厳密には”マットレスのへこみが元に戻る反発力( 反発弾性率 )”と言えます。

「反発力」と「硬さ」にはそれほど関係はなく、別の指標です。「反発力」は、体がマットレスから離れる際に働く力ですが、「硬さ」はマットレスに乗る際に働く力です。

マットレス「反発力」と「硬さ」の違い

反発力は鉄球をある一定の高さから落とし、どのくらい跳ね返ってくるかで試験されます。

ウレタンフォームの反発弾性率の求め方。ウレタンフォームの上に鉄球を落とし、どのくらい跳ね上げるか。15%未満は低反発、15~50%は一般(高反発)、50%以上を高弾性と呼ぶ。

鉄球を落とす前の高さの半分以上まで跳ね返ってくれば「高反発(もしくは高弾性)」とい、15%未満の高さであれば「低反発」といいます。15~50%の高さだった場合、「ウレタン(もしくは一般ウレタン)」と呼ばれます。

この反発力が高ければ高いほど、寝返りをする際にサポート力が増し、腰への負担が軽減します。つまり、腰痛で悩んでいる人には低反発は向いていなく、高反発が向いています。

↓高反発についてより理解したい方はこちらの動画を参考にしてください。

高反発ウレタンマットレスのメリット

高反発ウレタンマットレスのメリット

フィット性がありながらもサポート力も高い

ウレタンフォームのマットレスは全体的に体圧分散性が高く、体にフィットしやすいです。これは高反発ウレタンでも特に変わりません。

しかし、高反発ウレタンだけはフィット性が高いうえに支えられる力もあり、体が沈みすぎないのが特長です。

柔らかすぎて体が歪んだり、硬すぎて体の一部が圧迫されたり、というのが少ない優秀なマットレスです。

寝返りがしやすく腰にやさしい

最初の【高反発と低反発の違い】でも触れましたが、高反発ウレタンは凹んだ部分が元に戻る力が強いため、寝返りするのに必要な力が軽減されます。

低反発であれば腰や埋もれやすく、ウレタンが戻るのが遅いため、完全に自力で寝返りする必要があります。ですので、高反発ウレタンは腰痛持ちの方にも強くおすすめできます。

普通のウレタンよりも多少ヘタりにくい

高反発ウレタンマットレスを作るにあたって、割と品質の良い(密度が大きい)ウレタンを使う必要があります。

密度が大きいウレタンは中身が詰まっているため、圧がかかり続けてもヘタりにくいです。

間接的ではありますが、高反発ウレタンは耐久性が高いと言えます。

高反発ウレタンマットレスのデメリット

高反発ウレタンマットレスのデメリット

通気性は良くはない

高反発に限らず、ウレタン全般で通気性はあまり良くありません。

定期的にマットレスを立てかけたり、除湿パッドなどを使用せずにいると、本来使用できる年数になる前にカビが生えてしまう場合があります。

また、ウレタンだと睡眠中にムレを感じ、なかなか深く眠れないという方も稀にいます。

マットレスが重くなりがち

メリットで『密度の大きいウレタンを使っているためへたりにくい』と書きましたが、密度が大きければ大きいほど、重量は増していきます

密度とは「体積にどれだけ素材が詰まっているか」ということですので、普通のウレタンよりも必然的に重たくなってしまいます。

マットレスはしょっちゅう動かすものではないですが、最初の設置や壁に立てかける(定期的な通気)のがやや大変となります。

高反発ウレタンマットレスの選び方

高反発ウレタンマットレスの選び方

望んでいる耐久年数から密度や復元率を参考にする

マットレスを購入するときは、あらかじめ何年程度使いたいか決めておくとスムーズに選ぶことができます。

耐久年数を決めることで、おおよその密度※1や復元率※2を割り出すことができます。

※1 『密度』とは体積に対してどれだけ素材が詰まっているかを表しています。
※2 『復元率』とは長く使用した際のヘタリにくさを表しています。

耐久年数密度復元率
1〜3年20~30D95%程度
3〜5年30~35D96%程度
5〜7年35~40D97%程度
8〜10年40~45D98%程度
10年以上50D以上99%以上
ウレタンマットレスの耐久性の目安

※上の表はあくまで目安で、使用環境によって異なります。

ただ、表記されている密度や復元率は、多層マットレスの一部分だけの場合があったり、まれに試験条件が異なっていたりするので信じすぎない方が良いです。

予算的に多層マットレスを選ぶことができるか?

ウレタンマットレスの中には、役割の異なる複数のウレタンを組み合わせて、サポート力と気持ちよさを両立しているものがあります

例えば、下層には硬めで弾力のあるウレタン、上層にはふんわりと柔らかいウレタンを薄めに使用することで、『体は沈みすぎず寝心地も良い』というハイブリッドを実現できます。

原料の種類や加工の手間が増えるため、基本的には値段もやや上がってしまいます。予算的に問題がなければ、贅沢な寝心地を体験できるはずです。

通気性やフィット性を高める加工は施されているか?

ウレタンのマットレスには通気性を向上させたり、フィット性を高めたりするカット加工が施されていることがあります。

波形カット
波形カット
凹凸カット
凹凸カット
ホールカット
ホールカット
ピンホール加工
ピンホール加工
スリット加工
スリット加工
クロススリット加工
クロススリット加工

加工にもたくさんの種類がありますが、どの加工も無加工のマットレスよりは工夫が凝らされていておすすめです。

吸湿性・放湿性に優れたカバーであるか?

ウレタンは通気性がイマイチで蒸れやすいため、カバーの吸湿性・放湿性も重要となってきます。

製品情報に書かれている素材と下の表を照らし合わせて確認してみてください。

吸湿性放湿性耐久性肌触り
綿(コットン)
麻(リネン)
絹(シルク)
羊毛(ウール)
レーヨン
ポリエステル

腰痛に悩んでいる方はセンターハード構造をチェックする

センターハード構造とは、その名の通り中央部分が硬めに作られていることで、腰が沈みすぎないという利点があります。

コイルマットレスの場合であれば部分的に硬さの異なるコイルを並べますが、ウレタンの場合だと空洞で”沈み込み”を調整します。

ウレタンマットレス センターハード構造
センターハード構造のウレタンマットレス

実際に触れてみても沈み具合が違うのがかなりハッキリとわかります。

腰痛に悩んでいる方は、センターハード構造のマットレスを選ぶのは必須級で大切です。

もちろん腰痛持ちの方でなくても寝返りがしやすくなるため、あって損はしません。

自分の体に合うかチェックできる返品保証は付いているか?

マットレスが自分の体や好みに合うか不安…。」という方も多いと思います。店舗で触れるのも悪くはないのですが、実際に長い期間使い続けないとわからないこともあります

ですので、一定期間試して気に入らなかったら返品できる【返品保証】が付いているマットレスを選ぶのも一つの手です。中には返品の手数料等が一切かからず、ノーリスクで試せるものもあります。

硬さ(N:ニュートン)を参考にしすぎない

ウレタンマットレスの硬さは【〇〇N】のようにニュートンという単位で表されています。

その数値は国際的に決められた計測方法を基に算出されていますが、少し前に説明した【カット加工】によっては感覚と数値にずれを感じることがあります。また、複数の層があるマットレスだとそれぞれの数値が出るため、組み合わせでどの程度の硬さか想像するのは困難です。

私のようにマットレスをたくさん触ってきたならまだしも、そうでない方は数値を聞いても難しいと思うので、あまり気にしすぎないのも大切だと思います。

おすすめの高反発ウレタンマットレス9選

値段(税込)かたさ厚み
(層数)
返品保証
品質保証
カット加工サイズ展開商品ページ
マニフレックス メッシュウィング
マニフレックス
メッシュウィング
34,485円~やや硬め11cm
(1層)

10年間
SS~Q詳細
モットン マットレス
モットン
39,800円~・やや柔らかめ
・ふつう
・やや硬め
※3種類から選ぶ
10cm
(1層)
90日間
90日間
S~D詳細
快眠タイムズ オアシスマットレス
オアシスマットレス
42,000円~やや柔らかめ20cm
(3層)
3週間
5年間
・スリット加工
・ピンホール加工
S~Q詳細
ソムレスタ マットレス PREMIUM
ソムレスタ
プレミアム
49,800円~
39,840円~
やや硬め10cm
(1層)

3年間
S~WD詳細
マニフレックス オクラホマ
マニフレックス
オクラホマ
63,800円~ふつう23cm
(8層)

12年間
S~Q詳細
エマスリープ マットレス
エマスリープ
77,000円~
セット割で54,000円~
やや柔らかめ25cm
(3層)
100日間
10年間
・ホールカットS~K詳細
フレアベル ベッドマットレス PREMIUM
フレアベル
プレミアムモデル
71,280円~かため25cm
(2層)

5年間
・独自カット加工S~D詳細
NEWコアラマットレス
NEWコアラ
82,000円~ふつう23cm
(3層)
120日間
10年間
・スリット加工S~Q詳細
ムアツ スリープ スパ X
ムアツ
スリープ スパ X
132,000円~ふつう10cm
(3層)
30日間
・凹凸カットS~D詳細
値段(税込)かたさ厚み
(層数)
返品保証
品質保証
カット加工サイズ展開商品ページ

【腰痛の方が愛用】マニフレックス『メッシュウィング』

メッシュウィング
価格(税込)34,485円~
タイプ高反発ウレタン
(三つ折り)
硬さマットレスの硬さ 「ふつう」と「やや硬め」の間
厚さ11cm
重量7kg
返金保証/品質保証なし/10年間
サイズセミシングル
シングル
シングルロング
セミダブル
ダブル
クイーン

硬めで折りたためるマットレスと言ったら、マニフレックスのメッシュウィングが有名です。腰痛持ちの方から特に愛されています。11cmの薄型マットレスですが、お相撲さんが寝ても底付き感がないほど反発力です。

さらに、マニフレックス製品独自の高密度・高反発フォーム「エリオセル®」は空気を取り込みやすい”オープンセル構造”になっているので、一年中ムレにくく快適です。また、耐久性も高く、10年間の品質保証もついているので「ヘタって長く使えなかった」と後悔することもありません。

\ 安心の10年保証 /

Magniflex(マニフレックス)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

比較表へもどる

【3つの硬さから選べる】モットン

モットン
価格(税込)39,800円~
タイプ高反発ウレタン
硬さ※ソフトとハードは推定
モットン マットレス 3種類の硬さ
厚さ10cm
重量約7.5kg
返金保証/品質保証90日間/90日間
サイズシングル
セミダブル
ダブル

モットンは3つの硬さから選べて、期間内であれば硬さの交換が可能なので、「色んなマットレスを試したけど合わない」という方にとってはピッタリです。最初はどの硬さがいいかわからない方はレギュラーを選択し、合わなかったら交換するのがおすすめです。

ソフト、レギュラー、ハードのどの硬さでも反発力は同じで、寝返りがしやすいマットレスになっています。

カバーがベロア調生地で上質な肌触りなのもうれしいポイントです。

\ 硬さの交換可能 /

比較表へもどる

【睡眠のプロが開発】オアシスマットレス

オアシスマットレス
価格(税込)42,000円~
タイプ低反発+高反発+ウレタン
硬さマットレスの硬さ 「やや柔らかめ」
厚さ20cm
重量約15.5kg
返金保証/品質保証3週間/5年間
サイズシングル
セミダブル
ダブル
クイーン

睡眠のプロが作った、非常にコスパの良いプレミアムマットレスです。表面には少しだけ低反発ウレタンを、その下には反発力の高い高弾性ウレタンを組み合わせることで、寝心地と寝返りのしやすさを両立しています。

また、カバーの表地には耐久性が高く肌触りの良い『テンセル™』を100%使用。通気性に関してもピンホール加工を施してウレタンの弱点を補っています。

品質の良さや分厚さ(寝心地)から考えると、”破格“と言ってもよいほど素晴らしい製品です。

\ 3週間のトライアル期間つき /

比較表へもどる

【高コスパ薄型マットレス】ソムレスタ プレミアム

ソムレスタ プレミアム
価格(税込)49,800円~
タイプ高反発ウレタン
高弾性
硬さマットレスの硬さ 「やや柔らかめ」
厚さ10cm
重量約9.6kg
返金保証/品質保証なし/3年間
※公式サイトのみ
サイズシングル
セミダブル
ダブル
ワイドダブル

ソムレスタは、耐久性・衛生面・値段・使い勝手など多くの観点で優秀でコスパが非常に良いです。

反発弾性率 が高い上質な高反発ウレタンを100%ふんだんに使用することで「24万回のプレスで減少率がわずか0.4%」という驚異の耐久性を実現しています。

また、高い通気性と消臭・抗菌・防ダニ効果も持ち合わせているため、常に気持ちよく眠れます。

個人的に薄型マットレスの中でトップクラスに優秀な製品だと思っています。

\ 圧倒的な反発力と耐久性 /

比較表へもどる

【12年の品質保証】マニフレックス『オクラホマ』

マニフレックス オクラホマ
価格(税込)63,800円~
タイプ高反発ウレタン
硬さソフト面/ハード面
マニフレックス オクラホマ 硬さ
厚さ23cm
重量14kg
返金保証/品質保証なし/12年間
サイズシングル
セミダブル
ダブル
クイーン

しっかりとした反発力を保ちながら寝心地も追求した大人気プレミアムモデル『オクラホマ』。表裏で硬さが異なり、より多くの人の好みに合わせることができます

8層もの様々な機能を持つ中材を使って、衛生面と耐久面を両立ています。使用しているウレタンの密度が非常に高いため長く使えますが、さらに12年間の保証も付いています。

良いものを長く使いたい方に特におすすめです。

\ 12年間の保証付き /

\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

比較表へもどる

【低リスク】エマスリープ

エマスリープ
価格(税込)77,000円
46,200円~ ※6/6まで
タイプウレタン
硬さマットレスの硬さ 「やや柔らかめ」
厚さ25cm
重量21kg
返金保証/品質保証100日間/10年
サイズシングル
セミダブル
ダブル
クイーン
キング

エマスリープは厚さ25cmもある上質マットレスでありながら、返品保証が100日間(完全無料)も付いているためリスクなしで試せます。セールもたまに行っており、高すぎない値段で購入できるのも人気の一つです。

3層構造による体へのフィット感と、ふわっとした肌触りが心地よく、多くの人に合いやすいマットレス。

どのマットレスが身体に合うかわからない」と不安な方におすすめです。

\ 完全無料の返品保証 /

比較表へもどる

【適温になるマットレス】フレアベル『プレミアムモデル』

フレアベル プレミアムモデル
価格(税込)71,280円~
タイプ高反発ウレタン(サーモフェーズ®
硬さマットレスの硬さ 「硬め」と「やや硬め」の間
厚さ25cm
重量約18kg
返金保証/品質保証なし/5年
サイズシングル
セミダブル
ダブル

半世紀以上のウレタン製造技術が詰まったアキレス㈱の『サーモフェーズ®』という素材は、人が入眠するのに最も適した温度である約33℃に調整してくれる機能を持っています。温度が高いときに熱を吸収し、低いときに蓄えた熱を放散するので、一年を通して快適に入眠できます。

また、ウレタン自体の復元率も98%と高く、ヘタりにくいので長く使うことができます。高い技術が詰まっているにも関わらず、この値段で販売できるのは長い歴史と厚い支持があるからです。

\ マットレス自ら温度調整 /

比較表へもどる

【いつでも硬さ変更】NEWコアラマットレス

NEWコアラマットレス
価格(税込)82,000円~
タイプ高反発ウレタン
硬さマットレスの硬さ 「ふつう」と「やや硬め」の間
厚さ23cm
重量21.72kg
返金保証/品質保証120日間/10年間
サイズシングル
セミダブル
ダブル
クイーン

SNSやYouTubeなどでも話題になったコアラマットレスの新モデル。従来よりもやや硬めに設計され、硬さ調整も簡単にできるようになったので腰痛の方にも比較的合いやすいマットレスになりました。

カバーには上質な触り心地で耐久性あるテンセル™を採用し、本体は分厚く重量感あるウレタンですので、寝ているときに安心感が得られます。返品可能期間も長く設けられていますので、話題のマットレスが気になる方はぜひ。

\ ひっくり返すだけで硬さ調整が可能 /

\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

比較表へもどる

【三つ折りの最高峰】ムアツ『スリープ スパ X』

ムアツ スリープ スパ X
価格(税込)132,000円~
タイプ高反発+ウレタン
硬さマットレスの硬さ 「ふつう」と「やや硬め」の間
厚さ10cm
重量約8kg
返金保証/品質保証30日/なし
サイズシングル
セミダブル
ダブル

全面凹凸カットのムアツは圧迫感を軽減し、通気性や血流の向上を促します。3層構造のうち、上2層が高反発ウレタンですので耐久性も高く、寝返りもしやすい設計です。

ムアツシリーズの最上位モデルのこちらは三つ折りでリッチな寝心地を求める方におすすめできます。

日本のとあるトップYouTuberも昼寝用に使用している製品です。

\ 折りたたみの最高峰 /

\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

比較表へもどる

【重ねて使うトッパー】高反発ウレタンのおすすめマットレストッパー4選

マットレストッパーとは、今まで使っていたマットレスに重ねて、ヘタリや寝心地を改善する”薄いマットレスです。

厚みがない分、価格も安く、出費を抑えたい方におすすめです。

値段(税込)かたさ厚み
(層数)
返品保証
品質保証
カット加工サイズ展開商品ページ
エムリリー Smart foam
エムリリー
18,980円~ふつう5cm
(2層)

3年間
・ピンホール加工SS~D詳細
オアシス敷布団
オアシス敷布団
24,000円~やや柔らかめ8cm
(2層)
3週間
5年間
・ピンホール加工S~Q詳細
※品切れ中
ソムレスタ トッパー
ソムレスタ
トッパー
26,800円~やや硬め5cm
(1層)

3年間
S~D詳細
フレアベル オーバーレイ
フレアベル
オーバーレイ
27,500円~ふつう3cm
(1層)

5年間
S~D詳細
値段(税込)かたさ厚み
(層数)
返品保証
品質保証
カット加工サイズ展開商品ページ
エムリリー Smart foam
エムリリー
18,980円~ふつう5cm
(2層)

3年間
・ピンホール加工SS~D詳細
オアシス敷布団
オアシス敷布団
24,000円~やや柔らかめ8cm
(2層)
3週間
5年間
・ピンホール加工S~Q詳細
※品切れ中
ソムレスタ トッパー
ソムレスタ
トッパー
26,800円~やや硬め5cm
(1層)

3年間
S~D詳細
フレアベル オーバーレイ
フレアベル
オーバーレイ
27,500円~ふつう3cm
(1層)

5年間
S~D詳細

【2層構造でキレイな寝姿勢】エムリリー『Smart foam®』 5cm

エムリリー
価格(税込)19,980円~
タイプ低反発+高反発ウレタン
硬さマットレスの硬さ 「やや柔らかめ」と「ふつう」の間
厚さ5cm(トッパー)
8cm(三つ折り)
11cm(ベッドマットレス)
重量8kg~
返金保証/品質保証なし/3年間
サイズセミシングル
シングル
セミダブル
ダブル

エムリリー独自素材『優反発®フォーム』の復元率は99.5%という非常に高い値で、長期間の使用が期待できます。

トッパーのため薄型ですが2層構造を採用し、まっすぐな寝姿勢を保ってくれます。それによって身体の一部で痛みが生じることが少なくなります。

2万円程度で今まで使っていたマットレスが良質な寝心地へとグレードアップできるため、コスパは高めです。

\ 優反発フォームの復元率99.5% /

比較表へもどる

【返品保証付きトッパー】オアシス敷布団 品切れ中

オアシス敷布団
価格(税込)24,000円~
タイプ高反発+ウレタン
硬さマットレスの硬さ 「やや柔らかめ」
厚さ8cm
重量約8kg
返金保証/品質保証3週間/5年間
サイズシングル
セミダブル
ダブル
クイーン

オアシスマットレスの敷布団(トッパー)バージョン。値段の割に8cmというボリュームある厚みで、マットレス同様コスパの良い製品です。

2層構造で体圧分散性と反発力を実現したり、優れた吸水性の羊毛を採用した生地など、機能面も優秀です。

3週間のフリートライアルも設けられていて、購入前に不安がある方でも安心して試すことが出来ます

\ 3週間のトライアル付き /

比較表へもどる

【高耐久】ソムレスタ マットレストッパー

ソムレスタ トッパー
価格(税込)29,800円~
タイプ高反発ウレタン
高弾性
硬さマットレスの硬さ 「やや柔らかめ」
厚さ5cm
重量約7.5kg
返金保証/品質保証なし/3年間
サイズシングル
セミダブル
ダブル

ソムレスタのトッパーは全てが高反発ウレタンで形成されており、ヘタリに強いのが特徴です。推定50D以上の高密度ウレタンは原価が高いですが、重ねるタイプであるトッパーにすることで値段を抑えて高品質を体験できます。

中綿を含むカバーによって、1層のウレタンでもふわっとやわらかい風合いになっています。

「良いものを長く使いたいけど、なるべく安く購入したい」という方はソムレスタのトッパーがおすすめです。

\ 推定10年の耐久性 /

\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

比較表へもどる

【温度を自動調整】フレアベル『サーモフェーズ オーバーレイ』

フレアベル トッパー
価格(税込)27,500円~
タイプ高反発ウレタン(サーモフェーズ®
硬さマットレスの硬さ 「ふつう」
厚さ3cm
重量約5kg
返金保証/品質保証なし/5年
サイズシングル
セミダブル
ダブル

フレアベルのトッパーモデルは、眠るときの適温 である約33℃に勝手に調整してくれる『サーモフェーズ』を今までのマットレスに重ねるだけで簡単に体験できます。

日本製で、製造歴の長い会社がつくっていますので、非常に頼もしいマットレストッパーです。

\ 安心・安全の日本製 /

比較表へもどる

【ランキング】おすすめの高反発ウレタンマットレスTOP3はこれ

【1位】長期で試せる!失敗したくない人必見

【2位】どこでも使える!ハイクオリティの薄型マットレス

【3位】上質な素材を使用!コスパ最高を求めるなら

高反発ウレタンマットレスの寿命を長持ちさせるには?

高反発ウレタンマットレスを長持ちさせる方法

ヘタリを軽減させる

ウレタン素材というのは、圧がかかり続けているとヘタってきてしまう性質があります。ヘタってしまうと寝心地や寝姿勢が悪くなり、体の不調へとつながります

しかし、そのヘタリを軽減させたり、一箇所に偏らせない工夫は可能です。

ヘタリ軽減①:マットレスの向きを定期的に変える

マットレスを同じ向きで使い続けていると、同じ部分だけヘタってきます。3ヶ月に1回程度でいいので、マットレスの頭と足の方を入れ替え、圧がかかる箇所を分散させましょう。

※製品によっては部位ごとに硬さや加工が異なる場合がありますのでよくご確認下さい。

ヘタリ軽減②:湿気を逃す

ウレタン素材は湿気が高いとヘタリやすくなる上に、湿気が逃げにくくこもりがちです。以下の3点を行えばかなり安心して使い続けることができます。

  • 1~2週間に一度、マットレスを壁に立てかける
  • マットレスの下にすのこのベッドフレームを敷く
  • 除湿パッドを用いる

また、ウレタンは温度(気温)によってもへたりやすさは変わりますが、そこは調整が難しいのであまり気にしなくても良いです。気になる方は布団乾燥機の使用後の温かい時に、圧をかけない意識をすればいいと思います。

ヘタリ軽減③:長い時間、座ったり物を置いたりしない

長く圧がかかり続けるとへたってくるので、ベッドに座ったり物を置いたりする習慣があまり多くない方が望ましいです。

衛生面を整える

カビが生えないように衛生面も頭に入れておきましょう。

ウレタンは湿気が逃げにくいのでカビが生えやすい素材であると言えます。先ほども書きましたが、以下の3点を行えば安心して使い続けられます。

  • 1~2週間に一度、マットレスを壁に立てかける
  • マットレスの下にすのこのベッドフレームを敷く
  • 除湿パッドを用いる

また、雑菌やダニ対策のためにも、週に1度シーツやカバーなどの洗濯も心がけましょう。

汚れないように保護する

ずっと使っているといつの間にか汚れていたり、ふとした時に飲み物などがこぼれてしまったりすると思います。

シーツを使用していても染み込まないように、プロテクター」という防水のシーツのような物を使うと良いです。(シーツの内側に付けます。)

プロテクト・ア・ベッド プロテクター
洗濯可能
乾燥機可能
防水加工
抗菌作用
ダニ対策
ムレ防止・速乾性
サイズ100 × 200 × 25cm
サイズ展開S, SD, D, Q
  • 高密度素材なのでダニを通しにくい
  • 吸水速乾性が高く、お手入れがラク
  • コットン100%のタオル生地で上質な肌触り

→このプロテクターの商品ページ

高反発ウレタンマットレスのダニ対策

高反発ウレタンマットレスのダニ対策方法

高反発ウレタンマットレスにおいてのダニ対策方法を2つご紹介します。

どちらの方法もダニ退治を行った後に、掃除機をかけてダニの死骸を吸い取ることをオススメします。

布団乾燥機

一般的なのが布団乾燥機です。およそ50℃以上の熱でダニを死滅させます。

50℃程度なら20~30分程度、60℃程度なら一瞬で死滅できると言われています。

ただ、ウレタンマットレスはすごく熱に強いわけではなく、あまり温度が高いと劣化を早めてしまいます。使うとすれば50℃程度で使うのがいいと思いますが、マットレスによっては高温に関する注意書きもされていますので、よく確認してから使用しましょう。

UVライトロボ

強力なUVライトを用いてダニを死滅させる方法もあります。こちらのメリットは、マットレスの素材の劣化を限りなく少なくできることです。

私が愛用している「ロックボット」というUVライトロボは、AIセンサーが多数搭載されているため、ボタン一つでマットレスを自動でダニ退治してくれます。マットレスの端でもセンサーが感知して落ちないように工夫されています。

時間がない方でも簡単に扱えますのでオススメです。

→ロックボットのレビューや口コミはこちら

高反発ウレタンマットレスが汚れたらどうする?

高反発ウレタンマットレスの洗濯方法

高反発ウレタンマットレスが汚れた時は、濡れたタオルなどで汚れた箇所に押し当てて掃除します

素材であるウレタンは基本的に水に弱く、水分を含むと脆くなり破れやすくなります。たまに水洗い可能なウレタンマットレスもありますが、どちらにせよじゃぶじゃぶと水で洗うことができないため、タオルでポンポン当てて汚れを取りましょう。

具体的な手順はこちら。

  1. タオルに中性洗剤を混ぜた水を含ませ、よく絞る
  2. マットレスの汚れている箇所にタオルをポンポンと当てる
  3. 汚れが落ちたらキレイな水を含んだタオルで洗剤と落とす
  4. 乾いたタオルなどで水分を取ったら、風通しのよい日陰でよく乾かす

特に④の水分の拭き取りと乾燥は、カビやダニ・悪臭などを発生させないために重要です。また、ウレタンは直射日光にも弱く、劣化を早めてしまいますので注意しましょう。


この記事は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアやメモはこちら!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高野 綾太のアバター 高野 綾太 上級睡眠健康指導士 第733号

あなたに合った寝具を"自ら選べる"ように、寝具の知識のみならず、睡眠学の観点からも丁寧にご説明します。「色んなマットレスがあってどれが自分に合うか分からない。」そんな悩みが30秒で軽減する【マットレス診断】はLINEで気軽に行えます。

トップへ
目次
閉じる