【1万円】高級枕10個を徹底比較!おすすめランキング

1万円前後で購入できる高級枕を10個に厳選し、それを全て購入し徹底的にレビューしました。

有名なものからマニアックなもの、低反発なものからジェル素材のものなど、色んなタイプの枕を集めて比較し、まとめた記事となっています。

それぞれの細かいレビュー記事にも飛べるようになっているので、気になった枕があればぜひご覧ください。

細かいレビュー記事では、性能や感触、サイズ感、口コミ、快眠度の詳しい内容、感想などを、画像や動画も使ってわかりやすく書いています。

今すぐランキングをみる↓

「快眠度」の付け方について

今回の比較では、快眠度という言葉を使って枕を点数化しました。

快眠度とは、それぞれの枕を3週間使用した上で、以下の7つの項目で私が点数を付け、平均を出したものになります。

  • 寝返りのしやすさ
  • 寝転がったときの負担の無さ
  • 朝起きた時の違和感の無さ
  • 適切な硬さ・柔らかさ
  • カバーの肌触り
  • 安定感(ホールド感)
  • 蒸れにくさ(通気性)

これらはそれぞれ5点満点とし、0.5点刻みで評価します。

快眠度は大まかに枕を評価したもので、私個人が評価したものであり、快眠を保証するものではありません。

また、素材の好み・手入れの仕方などは数値として考慮していない上に、それぞれの評価項目の重みが人それぞれ違うため、枕の総合的な評価ではございません。

以上、よろしくお願いいたします。

1万円前後の高級枕10個の比較表

今回比較した10個の枕のスペックの比較表です。

トゥルースリーパー セブンスピロー
トゥルースリーパー セブンスピロー
ヨコネ クラシック
YOKONE Classic
ムアツまくらプレミアム MP10000ムアツまくらプレミアムthe cubes
The Cubes
Dullo Pillow Plus
Dullo Plus
Deep Rest
Deep Rest
Blueblood Mitra ミトラ
BlueBloodミトラ
新・王様の夢枕
新・王様の夢枕
フィッティピロー アイメイドまくら
フィッティピロー
無重力ジェルピロー
無重力ジェルピロー
サイズ縦:68cm
横:90cm
高さ:9cm
縦:37cm
横:62cm
高さ:【最高】12cm
【首元】10cm
縦:37cm
横:60cm
最高:12cm
最低:8cm
縦:37cm
横:56cm
高さ:10cm
縦:40cm
横:54cm
高さ:14cm
縦:35cm
横:57cm
高さ:9cm
(ロータイプは7.5cm)
縦:64cm
横:60cm
首元の高さ:16cm
頭部分の高さ:11cm
背中部分の高さ:8cm
縦:40cm
横:62cm
高さ:8cm
(低めタイプは7cm)
縦:43cm
横:63cm
高さ:7cm
縦:35cm
横:52cm
高さ:10cm
中材ウレタンフォームウレタンフォームウレタンフォーム、パイプメモリーコットンポリエステルマイクロファイバーウレタンフォーム(ウレタンゲル配合)ウレタンフォーム(ウレタンゲル配合)超極小ビーズパイプ、ウレタンフォームTPE(熱可塑性エラストマー )
硬さやわらかめややかためふつうややかためふつうやわらかめやわらかめやわらかめかためやわらかめ
高さ調整セットによってシートが付属なしパイプの量を調整ハード面とソフト面で調整中材を調整なしなしなしパイプとウレタンフォームのシート2通りなし
値段(税込)9,900円~9,980円11,000円9,800円11,980円8,778円12,760円7,480円7,980円9,880円
保証期間2年間
(単品は1年間)
なしなし1年間1年間なし
なし1年間なしなし
返金保証60日間届いてから1ヶ月使用後から1週間以内なしなし30日間なしなし20日間60日間なし
特徴広い面積で肩から支える!横向き寝に特化した
負担ゼロ枕
点で支えて血流を改善する圧倒的な衝撃吸収力を持つ枕!冷却パックで
頭部の温度を下げて深い睡眠へ!
ゲルウレタン×7つの鉱石による
新しい睡眠体験!
ストレートネックや巻肩などの
体の悩みの改善をサポートする枕。
超極小のビーズで高いフィット性を実現半オーダーメイドのような
自分好みの枕を作れる。
卵も割れない分散力が
どんな姿勢にもフィット

※名前をタップするとその枕の詳細まで飛びます

1万円前後の高級枕の快眠度と値段のグラフ
今回比較した10個の枕の快眠度と値段のグラフ

こちらの枕も人気です

【画像あり】エマピロー(枕)の最速レビュー|新商品の口コミは?エマスリープの新商品【エマ・ピロー】の最速レビュー記事。実際に使って感じたことや海外の口コミを訳して掲載したりしています。エママットレスとセットで購入を考えている方は必見です。...

1万円前後の高級枕おすすめランキング

快眠度、値段、その他を考慮した私のおすすめランキングです。

品名こんな人におすすめ!快眠度最安値サイト

1位
ヨコネ クラシック
YOKONE Classic
・なかなか寝付けない
・横向きでしか眠れない
・無呼吸症候群
・いびきが大きい
4.2公式サイト

2位
トゥルースリーパー セブンスピロー
トゥルースリーパー セブンスピロー
・朝の肩こりや首こりがひどい
・ゆったりと寝返りを打ちたい
4.1公式サイト

3位
ムアツまくらプレミアム MP10000
ムアツまくらプレミアム
・ムレない枕が欲しい
・でもフィットするものがいい
3.9Amazon
4位新・王様の夢枕
新・王様の夢枕
・クッション感のある枕が欲しい
・肌触りの良い枕がいい
4.0公式サイト
5位Dullo Pillow Plus
Dullo Plus
・涼しい夜を過ごしたい
・高さを細かく変えたい
3.8楽天
6位Deep Rest
Deep Rest
・ゲル×ウレタンの新感覚の素材が気になる
・肌触りの良い枕がいい
3.8Amazon
7位the cubes
The Cubes
・NASAが開発した素材を試したい
・肌触りの良い枕がいい
3.7Amazon
8位Blueblood Mitra ミトラ
BlueBloodミトラ
・猫背や巻肩などの体の悩みがある3.5Amazon
9位無重力ジェルピロー
無重力ジェルピロー
・柔軟性のある枕を使いたい3.7楽天
10位フィッティピロー アイメイドまくら
フィッティピロー
・自分の好みに高さをカスタマイズしたい3.4公式サイト

※名前をタップするとその枕の詳細まで飛びます

1万円前後のおすすめ枕10選紹介

【1位】YOKONE Classic(ヨコネクラシック)

YOKONE Classic(ヨコネクラシック)は、横向き寝に特化した枕です。

「横向き寝に特化している枕が1位?」と感じるかもしれません。
私も購入前はそれほど期待をしていませんでした。

しかし、いざ使用してみると、横向き寝が病みつきになってしまうほどのフィット感
頭部分のわずかなくぼみと、左右の手を置くためのスペースが完璧なバランスです。

呼吸が楽で一番寝付きやすい姿勢は横向き寝なので、なかなか眠れないと悩んでいる人にもぴったりです。

横向き寝に特化しているので、

「肩に負担がかかる」「骨が歪みそう」

といった横向き寝の問題が、限りなく軽減するように作られています。

また、横向き寝に特化しているからといって、仰向けで寝れないわけではありません。

十分な大きさで、フィットしやすい低反発なので仰向け寝でも快適に眠れます。

こんな人におすすめ!
  • 横向き寝でしか眠れない人
  • いびきが大きい人
  • 無呼吸症候群の人
  • 布団に入ってからなかなか寝付けない人
値段

YOKONE Classic:9,980円(税込)

快適すぎて注意!

横向き寝をしているときにスマホをいじると、目線の位置にぴったりと合ってすごくラクなのですが、寝る前にそれでいじりすぎないようにしましょう。

高さが調整できるYOKONE Classicの上位互換品もありまして、詳細ページて少し触れていますので、気になる方はご覧ください。

【2位】トゥルースリーパー セブンスピロー シングル

トゥルースリーパー セブンスピローは面積が広いのが特徴の枕です。

寝返りがしやすいように横幅も広いのですが、縦も結構長く、背中の方まで届きます。

この縦の長さがあることで、普通の枕では浮いて負担がかかっていた肩を守ることができます

「肩こりが軽くなった!」というユーザーの口コミが広がり、トゥルースリーパー セブンスピローは多くの人に支持されています。

私は以前からセブンスピローを使用していたのですが、今回新しいモデルになっていたようなので再購入いたしました。

今回購入したのはシングルサイズですが、もう一回り小さい『セブンスピロー ライト』なら1万円以下で購入できます。

ライトでも普通の枕よりは広く、十分に寝返りが打てるスペースがあります。

10個も新しい枕を買って比較してみましたが、それでもトゥルースリーパー セブンスピローは快適だなと感じました。

寝返りで落ちる心配がない枕は落ち着くので、枕選びでのポイントの1つとなります。

こんな人におすすめ!
  • 思い切り寝返りを打ちたい人
  • 朝起きたときの肩こりや首こりがつらい人
値段

セブンスピロー シングル:16,800円(税込)~

セブンスピロー ライト:9,900円(税込)~

【3位】ムアツまくらプレミアム MP10000

ムアツまくらプレミアム

ムアツまくらとはマツコ・デラックスさんがプロモーションに起用されている、昭和西川の商品です。

ムアツというマットレスや枕のブランドは、『点で支える』というコンセプトに基づく商品を出しています。

このムアツまくらプレミアムも、中の低反発ウレタンフォームが凸凹状になっており、頭部や首元が接触する面積が少なくなっています。

これによって血流が悪くなるのを防ぎ、かつ通気性も良くなります

通常のウレタンフォームなら通気性は良くないのですが、独自の特殊な素材なので改良されています。

さらに、高さ調整がパイプであることと、カバーがメッシュになっていることも通気性を上げているポイントとなっています。

パッケージから溢れる高級感を裏切らない心地よさと、使いやすさでした。

こんな人におすすめ!
  • ムレにくい枕を探している方
  • フィットしやすい枕を探している方
値段

ムアツまくら MP10000:11,000円(税込)

ムアツまくら MP8100:11,000円(税込)

詳細ページにて、MP10000とMP8100の違いについても説明しています。

※上記の公式ページはMP8100です。

【4位】新・王様の夢枕(王様の夢枕2)

ビーズ枕の王道である『王様の夢枕』のリニューアル商品が【新・王様の夢枕(王様の夢枕2)】です。

かなり前から有名なので知っている方も多いと思います。

ビーズクッションというとYogiboのような柔らかくて、びよんびよんしたイメージを持つかと思いますが、この王様の夢枕(ビーズ枕)は全然違います。

中身は同じような極小ビーズなのですが、カバーは伸びるような素材でなく、しっかりとホールドしてくれるような素材です。

言葉で伝えるとたったこれだけですが、実際に寝転がってみるとその違いがわかります。

形にフィットしやすい0.5mmの極小ビーズがしっかり動いて、カバーがそれを安定させてくれます。

従来品と比べるとかなり実用的に改良が施されています。

詳しい違いや、新・王様の夢枕を買うと付いてくる特典などは詳細ページからご覧ください。

こんな人におすすめ!
  • クッション感のある枕を使ってみたい人
  • 肌触りが良い枕を使ってみたい人
値段

新・王様の夢枕:7,480円(税込)

【5位】Dullo Pillow Plus 冷却枕

Dullo Pillow Plusとは、保冷剤のような冷却パックを3つまで入れられるポケットがある、『冷却枕』です。

冷却パックは初めから6個付属しており、使用前に予め冷凍庫で凍らせておきます。

生地は防水で結露することがなく、程よい厚みで冷たいというより、涼しい感覚になります。

公式は「この冷却パックは約8時間持つ」と言っており、寝てから起きるまでは涼しい効果を与えてくれます。

研究によると、睡眠中は頭部の温度がしっかり下がることで、深い睡眠を得られるということが分かっています。

Dullo Pillow Plusなら、枕自体の通気性をあげるよりも的確に頭部の温度を下げることができて、これからの季節に大活躍します。

もちろん、冷却パックを使用しないこともできます。

その場合は、首元に付属のクッションを入れることで、首元が安定して良い睡眠を得られます。

また、中のマイクロファイバーは好きなだけ減らして、自分に合う高さにすることもできます。

こんな人におすすめ!
  • 涼しい夜を過ごしたい人
  • 高さを自分好みに細かく調整したい人
値段

Dullo Pillow Plus:11,980円(税込)

【6位】Deep Rest

Deep Restとはいびきをかかない睡眠を実現するために作られた枕です。

ゲルとウレタンを混ぜることでフィットしやすい素材ができあがり、いびきの軽減を助けるのに最適だそうです。

また、枕本体の生地には7つの鉱石も混ざっているようですが、私は使ってみて全く違いはわからなかったですね。

テンセルという素材をカバーに採用しており、触り心地が良いのに加えて、耐久性も高いです。

Deep Restと同じシリーズの商品もいくつかあり、Deep Restはいびきですが、それぞれの目的が違います。

詳細ページの最後に他のラインナップを紹介しているので、気になった方はご覧ください。

こんな人におすすめ!
  • ゲル×ウレタン×7つの鉱石という新感覚の素材が気になる方
  • いびきに困っている方
  • 肌触りの良い枕が欲しい方
値段

Deep Rest:9,800円(税込)

【7位】The Cubes

The Cubesはその名の通り、たくさんのキューブでできている枕です。

キューブ状にカットされていることでどんな姿勢にでも滑らかにフィットし、重圧を吸収します

また、その切れ込みがあることで通気性がかなり高くなり、ウレタンのような素材でも快適に睡眠を取ることができます。

採用している素材は、NASAが宇宙飛行士の離陸や着陸のときに受ける衝撃を吸収するために作られた『メモリーコットン』です。

The Cubesは一時期売り切れになっていたこともある人気の商品です。

ただ、私にとっては高さが合わず、7位という結果になりました。

合う人にとっては良さそうな枕だなと感じました。

こんな人におすすめ!
  • NASAが開発した素材の枕を試してみたい
  • 首や肩の痛みが普段から気になっている方
  • 肌触りの良いカバーを使いたい方
値段

The Cubes:8,778円(税込)

【8位】BlueBlood ミトラ

今回購入したのはBlueBloodのミトラという種類なのですが、こちらは巻肩・ストレートネックに向いている商品です。

肩が広がるように、背中の中央部分は高く、肩の方は低くなっています。

しかし肩が普段より広がるせいか、朝起きたら違和感がありました。

他の枕のように完全に回復するというよりは、矯正をサポートするという立ち位置のほうが近いのかなと思います。

BlueBloodにはミトラ以外にもたくさんの種類があり、それぞれにどういう悩みに向いているかが決まっています。

そのあたりに関しては、詳細ページに書いてありますのでぜひご覧ください。

こんな人におすすめ!
  • 巻肩やストレートネックに悩んでいる方
  • 上質なテンセル素材のカバーを使いたい方
値段

BlueBloodミトラ:12,760円(税込)

【9位】無重力ジェルピロー

無重力ジェルピローはジェルクッションと似たような構造で、強い圧でもやさしく吸収するという性質を持っています。

例えば、卵を上において手で押し付けても割れないようです。

これが睡眠に置き換わると、寝返りをして偏った重圧がかかってもフィットするということになります。

実際に使ってみても、柔らかいのにしっかり支えられるので使い心地は悪くないと感じました。

しかし、これに1万円も出す価値はない、と個人的には思っております。

同じような商品が安くて4000円ほどで売られているので、ジェルピローが気になる方はそちらを選ぶのが吉かと…。

詳細ページにてより細かく説明しているのでぜひご覧ください。

こんな人におすすめ!
  • 柔軟性のある枕を使いたい方
値段

無重力ジェルピロー:9,980円(税込)

【10位】フィッティピロー

こちらのフィッティピローは、高さを全て自分好みに変えられる枕です。

通常なら±2cm程度が変更可能だと思いますが、フィッティピローなら完全に自分好みです。

本体がパイプなので増やしたり減らしたりするだけです。

フィッティピローが最下位となってしまったのは、この枕は上記の説明だけでほとんど片付いてしまうからです。残念ながら値段の割に、良い点を見つからないと感じてしまいました。

何が良くなかったかは詳細ページの方で書いているので、気になる方はいれば見てください。

こんな人におすすめ!
  • 自分好みに高さをカスタマイズしたい方
値段

フィッティピロー:7,980円(税込)

最後に

長い記事を読んでいただきありがとうございました。

それぞれの詳細ページまで見たらすごい量になると思います。

これで少しでも枕選びの参考になったり、気になってたけど思っていたのと違ったなど、何かしらの情報を与えられていたら嬉しいです。

本ページでも、詳細ページでも、気になる点や疑問に思う点があればインスタグラムかこのブログのお問合せフォームからお気軽にメッセージください!

ありがとうございました。

ABOUT ME
快眠ハック
上級睡眠健康指導士になるため、睡眠学を毎日勉強しており、そこで得た知識を基に、それぞれに合う寝具を提案します! このページの下に最新セール情報を載せています↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です