【超気持ちいい】冷却枕Dullo Plusを徹底レビュー

『Dullo Pillow Plus』とは、保冷剤のような冷却パックを使用して気持ちよく眠りにつくことができる新しい枕です。
そこには緻密な設計があり、程よく冷たく、濡れない構造になっています。

頭部の熱が下がれば眠りは深くなると言われており、冷却パックで直接冷やすのに加えて、通気性も良く作られています。

高さ調整や丸ごと洗いといったうれしい機能もついていて、これからの時期に特におすすめしたい枕です。
気になる方はぜひご覧ください。

長い内容になっていますので、スペックや口コミを飛ばしたい方は上のボタンから飛ばすことをおすすめします。

この枕は『【1万円前後】高級枕10個を徹底比較!おすすめランキング』のうちの1つです。

他の枕も詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。

Dullo Pillow Plus(デューロピロープラス)について

Dullo Pillow Plusを選んだ理由

今までの枕では聞いたことのない、『冷却パックを入れる枕』だったので気になって選びました。

睡眠中は頭部の体温が下がると深い睡眠を得ることができると言われており、今まではいかにして通気性を良くするかという考え方がほとんどでした。

しかしこちらの製品の「もう直接冷やしちゃえばいい」という結構ぶっ飛んだ考え方がおもしろいと感じました。(正確には違うと思いますが。笑)

また、あまり有名な枕ではないので逆にレビュー記事として価値があると思い選択しました。

Dullo Pillow Plusの価格

Dullo Pillow Plusは楽天のみで購入することができます。

楽天では11,980円 (税込)で販売されています。

また、従来品であるDullo PillowはAmazonでも楽天でも販売されています。
従来品との違いはこちら↓

Dullo Pillow Plusのスペック

Dullo Pillow Plus
サイズ縦:40cm
横:54cm
高さ:14cm
重さ約1.2 kg
素材【本体】
ポリエステルマイクロファイバー100%

【カバー】
綿100%
お手入れ洗濯機で丸洗い可能
硬さふつう
保証期間1年間
高さ調整中のマイクロファイバーを自由に出し入れ可能
冷却パック3つ分のポケットあり(6個付属)
Dullo Pillow Plusのスペック

付属品

Dullo Pillow Plusには、本体・冷却パック(6個)・パック用ポーチ・クッションが付属しています。

パック用ポーチ

パック用ポーチとは、凍らせた冷却パックの硬いのを軽減し、程よい冷たさに保ってくれるものです。
パック3個まで入る仕組みになっています。

※冷却パックとパック用ポーチについては後ほど説明します。

クッション

首元の高さが欲しい場合に使用します。
しかし、本体のポケットには、クッションか冷却パックのどちらか1つしか入りません

サイズ

Dullo Pillow Plusのサイズ

縦40cm × 横54cm × 高さ14cm

高さが14cmというとすごく高く聞こえますが、ふんわりとしたマイクロファイバーなので、乗っかるとかなり沈みます。

実際に寝転んだときのサイズ感

※白文字で書いてあるサイズは、私の肩幅です。

そんなに広くはないサイズです。
冷却パックをいれるポケットが寝る際に一番熱を感じる部分にフィットしているのが分かると思います。

冷却パックについて

Dullo Pillow Plusの冷却パックはこのようにセットします。

冷却パックは上記のように3個セットします。
(パックは全部で6個付属しています。)

楽天のページには冷却パックの効果時間は約8時間と書かれていました。
しかし凍った冷却パックを3時間ほど放置してみたら氷が溶けていたので、8時間も冷却が機能しているかは微妙です。

結露が多少心配でしたが、濡れない・冷たくなりすぎない6層構造によって、実際に使ってみても問題なく快適な睡眠を得られました

構造・高さ調整

Dullo Pillow Plusには表のアーチ状の範囲と、裏の全面の2種類の高さを調整することができます。
中の綿を出し入れするポケットが2つあります

2枚目の画像のようにポケットが2つあり、それぞれから中のマイクファイバーフィラーを自由に取り出したり、入れたりすることができます。

お手入れ方法

Dullo Pillow Plusはそのまま洗濯機で丸洗いすることができます。
高い速乾性と型くずれしない特徴を持っているので気軽に洗濯し、いつでも清潔です。

ただし、洗濯ネットを使用して、他のものとは別々で洗濯しましょう。

従来品(Dullo Pillow)との比較

Dullo Pillow Plusの従来品(Dullo Pillow)と違う点・同じ点をまとめました。
先に言ってしまいますが、値段は変わらない(むしろ従来品の方が高い)うえに、機能としては間違いなくDullo Pillow Plusの方が良いです。

→従来品をAmazonで見る

従来品と比べて良くなっている点

  • 冷却パックが付属して、使用できる。
  • 首元の高さ調整ができるようになっている。
  • 横幅が10cmほど広くなっている。

従来品と変わらない点

  • 丸洗い可能
  • 中のフィラーを調整して全体の高さを変更可能

Dullo Pillow Plusの口コミ・評判

はじめに言いましたが、あまり有名な枕ではないため、ほとんどレビューがありませんでした。
唯一、Amazonで販売されている従来品のレビューがありましたのでご紹介します。

頸椎ヘルニアできつかった首の痛みが良くなった

makuakeでこちらの商品を買いました。
それまで約1年ほど頸椎ヘルニアになりかけの状態で毎日がとても辛く、湿布などで誤魔化す日々で、縋るような思いでこの枕を注文しました。
いざ届いて使ってみるとずっと感じていた首のコリがとても楽になりました。
今では9割方支障なく仕事ができます。
本当に感謝しています。
ちなみに私の場合は丸く窪んでいる方が上向きだとあまり効果がなく、試しに窪んでいる方を下向きにして寝たところ、首凝りが改善されました。

このレビューしかありませんでしたが、機能は良いと思ったので私が初めてレビューを書いてみることに決めました。

口コミの数だけではなく、この記事で性能面も見ていただけたらと嬉しいです。

実際にDullo Pillow Plusを使ってみて検証や感想

ここからが実際に使ってみた感じた内容となっています。以下のような順番で説明していきます。

  • 柔らかさ・反発具合の確認
  • 寝転んだ時のフィット感
  • 快眠度(冒頭で記載した快眠度の詳細 7項目)
  • 素材の臭い
  • 感想

反発具合・柔らかさの確認

最初の方の画像内で『硬め』と表記していますが、どちらかと言えば硬めというだけなので、実際はちょうどいいくらいです。

もっちりとした弾力のある感覚です。

寝転んだ時のフィット感

中央のくぼみに頭がすっぽりと入るような感じです。

私としては、アイスのパック、もしくは首元用のクッションを入れないと、首にあまりフィットしませんでした。

快眠度3.8 の詳細

快眠度とは、数日間使用した上で7つの項目を採点し、その平均値を出したものです。
その7つの項目は以下の通りです。

  • 寝返りのしやすさ
  • 寝転がったときの負担の無さ
  • 朝起きた時の違和感の無さ
  • 適切な硬さ・柔らかさ
  • カバーの肌触り
  • 安定感
  • 蒸れにくさ(通気性)

※私個人が評価したものであり、快眠を保証する物ではありません。
※また、素材の好み・手入れの仕方などは数値として考慮していないため、枕の総合的な評価ではございません。


Dullo Pillow Plusのそれぞれの点数は以下になります。

寝返りのしやすさ 4.0

左右は明らかに高くなっており、寝返りした際に他の枕よりも肩に負担がかからないのがはっきりとわかります。

しかし、その段差があるが故に、寝ている間に「ちゃんと寝返りが打てているのかな?」と気になりました。

寝転がったときの負担の無さ 3.5

中央のくぼみが深すぎて頭が下がってしまい、少し首に負担を感じました

上と下の綿の量を減らして調整できるといっても、この問題は下がもう少し高くないと解決しないため、その点が残念でした。

朝起きた時の違和感の無さ 4.0

寝転がった時に多少の負担を感じたため、起きたときも痛みを感じるかなと思っていたのですが、意外と痛みがありませんでした。

また、冷却パックを使ったからか、気持ちの問題かはわかりませんが、起きたときスッキリとした気分でした。

適切な硬さ・柔らかさ 4.5

ある程度しっかり支えてくれる硬さです。

カバーの肌触り 3.0

カバーは綿100%なので肌触りは滑らかではありません。

安定感 3.5

重さもそこそこあり、綿なので滑りにくいです。

蒸れにくさ(通気性)4.0

カバーの素材である綿は通気性が良いことで有名ですね。

ですが、中身のマイクロファイバーも耐水性も通気性も非常に高いようです。

素材の臭い

最初は独特のダンボールのような臭いがしました。
ダンボールという表現が合っているかわかりませんが、人によっては苦手かと思います。

しかし、しばらく空気にさらしておいたので現在ではほとんど感じません

感想

この枕の一番の魅力である冷却パックは、購入時に思っていたよりも気持ちがよく、寝付きやすいなと感じました。

長く首に当てていても嫌な湿りもなく、過度な冷えもありません
程よく涼しさを感じるように設計されており、これからの夏の季節には最高の枕となると思います。

この枕の快眠度3.8は、冷却パックによる気持ちよさ・寝付きやすさは考慮されていないので、それにプラスアルファがあると思っていただいて構いません。

また、枕を丸ごと洗濯機に入れられるのは清潔に保つためにすごく便利だと感じました。

一般的にカバーだけしか洗濯機にかけられないことが多く、本体のほうの汚れやダニが気になる人も多かったと思います。
夏は特に汗をかきやすく、それによって菌も多く繁殖します。

そんな中で洗濯の手軽さと速乾性は非常に嬉しいですね。

やはり冷却パックと丸ごと洗いが特徴である枕なのでメインで説明いたしましたが、高さ調整や横向き寝に対応した設計など他にも良い点はいくつもあります。

なので全体的に見たら、個人的には結構評価は高い枕となりました。
もし、夏でも涼しく快適な睡眠を得たい方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。


←枕比較記事に戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です