【高級枕】コアラふんわりピロー(枕)が当たる! ※6/3まで

反発弾性率

ウレタンフォームの反発弾性率の求め方。ウレタンフォームの上に鉄球を落とし、どのくらい跳ね上げるか。15%未満は低反発、15~50%は一般(高反発)、50%以上を高弾性と呼ぶ。

「ある高さから鉄球を落とし、どれくらい跳ね返ってきたか」という数値。『反発弾性率≒反発力』

ただ、この反発弾性率(反発力)は「硬さ」とは意味がまた違うのがややこしいところ。

マットレス「反発力」と「硬さ」の違い

硬さは体重を支えるためのもの、反発力は寝返りをしやすくしたり起き上がりやすくしたりするもの。

数値が高ければ高いほど、起き上がりや寝返りがしやすい。

シェアやメモはこちら!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高野 綾太のアバター 高野 綾太 上級睡眠健康指導士 第733号

あなたに合った寝具を"自ら選べる"ように、寝具の知識のみならず、睡眠学の観点からも丁寧にご説明します。「色んなマットレスがあってどれが自分に合うか分からない。」そんな悩みが30秒で軽減する【マットレス診断】はLINEで気軽に行えます。

トップへ
目次
閉じる