おすすめマットレス

エマスリープが最大55%オフ ※1/30まで

【レビュー】アクアレストの寝心地や評判・口コミをご紹介

アクアレスト 評判

このページでは、アクアレストのレビューと評判についてご紹介します。

こんな人にオススメ
  • バネ感があるマットレスは嫌だ
  • 自分の体に合ったマットレスが欲しい
  • 寝返りや起き上がりで腰が痛くなる方
  • 体重が80kg~
  • 自宅でじっくり試したい
  • 気分によって硬さを変えたい
著者情報
高野 綾太

睡眠健康指導士(上級)

【上級睡眠健康指導士】

睡眠とマットレスの専門家。デジタル時代に「睡眠の質」と「生活の質」の両立を手助けするために発信。マットレス診断はLINEから

睡眠とマットレスの専門家。デジタル時代に「睡眠の質」と「生活の質」の両立を手助けするために発信。マットレス診断はLINEから

  • 177cm
  • 70kg
  • 標準体型
  • 身長:177cm
  • 体重:70kg
  • 標準体型

詳しいプロフィール

目次

アクアレストマットレスの特徴や構造

アクアレストのマットレス。
価格(税込)ベーシック:80,000円~
オーダー:90,000円~
タイプ2層ポケットコイル
硬さアクアレストの硬さ。
コンフォート面:ふつうより少しだけ柔らかい
アクティブ面:ふつうより少しだけ硬い
厚さベーシック:23cm
オーダー:24cm
耐久年数10年程度
重量32kg~(箱を含む)
保証返品保証:120日間
品質保証:10年間
サイズシングル
セミダブル
ダブル
クイーン(ベーシックのみ)

まずは、アクアレストの特徴や構造を説明します。

2層コイル構造と硬さ調整

アクアレストのポケットコイルは2層構造になっている。柔らかめのコイルと硬めのコイルである。

アクアレストの最大の特徴が「新感覚2層コイル」という構造です。

上下1224個ものコイルが7㎝の厚みを実現し、快適な寝心地をサポートしてくれます。コイルの太さを変えることで表裏の硬さに変化を持たせ、表裏をひっくり返せば好みの寝心地に変更可能です。

硬めの面では反発性が高いので、寝返りがしやすくなっています。反対に柔らかな面ではしっとりした寝心地で、ゆったりと眠ることができるでしょう。

オーダータイプとベーシックタイプから選べる

アクアレストでは既製品である「ベーシックタイプ」の他に、自分の身長や体重、性別を入力するだけで、身体に合った硬さのマットレスを作ることができる「オーダータイプ」もあります。

上下のコイルの線の太さを調整することで、身長・体重に最も適した硬さのマットレスを作ることができるのです。

さらに、オーダータイプのみの機能として「シュレープ」という素材が多重構造のひとつに使われています。シュレープは保温保湿に優れており、体温に近い感触で快適な眠りをサポートしてくれるでしょう。

また、オーダータイプはベーシックタイプよりも1㎝厚い24㎝に設計されており、底つき感のない深みのある寝心地を体験できます。

多重構造

アクアレストのマットレスは詰め物も多層構造になっており、機能性に優れている。

2層コイルだけでなく、多重構造もアクアレストの特徴です。

2層コイルの外側にはウレタンフォームや再生硬面、不織布などを用い、ベーシックタイプは13層構造、オーダータイプは15層構造を実現しています。

それによりマットレスの厚みはオーダータイプが24㎝、ベーシックタイプは23㎝と快適な寝心地をサポートしてくれるでしょう。

アルゲンブロック

アクアレストでは、高い通気性と吸放湿性が強みの「アルゲンブロック」という素材を採用しています。

花粉やダニの死骸、ハウスダストを吸着除去してくれるので、お子様や高齢の方にもおすすめです。

また消臭機能も付いており、汗臭の成分やアンモニア臭を99%以上消臭してくれます。羽毛布団に比べ、綿ほこりも出にくいのが特徴です。

安心のトライアル・品質保証

アクアレストは120日間のトライアルを行っています。

トライアル期間中に「寝心地が合わない」と感じた場合は、たとえ使用済みだったとしても返品・全額返金が可能です。返品の送料もかからないので、リスクゼロで試すことができるでしょう。

さらに、マットレスのコイルスプリングには10年間の保証期間が設けられています。説明書通りに使っていたにもかかわらず、保証期間内に不具合が生じた場合は無料修理や交換の対応が可能です。ただし、公式サイトで購入した製品のみが対象となるので注意しましょう。

アクアレスト『ベーシックタイプ』を使った感想

ここからは実際に筆者が1ヶ月間、アクアレスト『ベーシックタイプ』を使用して感じた内容です。

弾力が強く、寝返りが打ちやすい

アクアレスト『ベーシックタイプ』のコンフォート面で寝返りを打つ筆者。

アクアレストは2層のポケットコイルによって非常に弾力が強いマットレスです。

マットレスにおいて弾力は、『起き上がりやすさ』『寝返りの打ちやすさ』に影響します。起き上がりや寝返りに必要とする力を軽減してくれるため、起き上がる際に体を痛めてしまう方や筋力があまりない方にはピッタリです。

また、寝返りは睡眠時の「体温調整」や「血行不良の軽減」の役割もあるため、寝返りのしやすい環境は快眠へと繋がりやすいのです。

アクアレストの弾力は、ウレタンマットレスでは出せないのでとても魅力的だと思いました。

表裏で硬さがしっかり変わる

アクアレスト『ベーシックタイプ』のコンフォート面とアクティブ面に乗り、沈み込みを比べる筆者。コンフォート面は多少包まれる感覚だが、アクティブ面はそうではない。
コンフォート面ではわずかに足が埋まる感覚がある

マットレスの表裏を変えることで簡単に硬さ調整が可能ですが、コンフォート面とアクティブ面の硬さの差はハッキリしています。コンフォート面は『やや硬め』、アクティブ面は『硬め』だと筆者は感じました。

両面とも全く違う寝心地になるため、硬さ調整のないマットレスと比べると人を選ばないマットレスと言えます。

アクアレスト『ベーシックタイプ』のコンフォート面とアクティブ面に座り、沈み込みを比べる筆者。

ただし、アクティブ面の場合は下層が柔らかい方のコイルとなり支えるためか、若干の違和感があります。というのも、一般的には硬めの素材で下から支えるので、アクティブ面では「土台の方が先に沈む」という変わった構造になるのです。

“違和感がある”とは言っても、絶対的に悪い意味ではありません。面で支えるような寝心地でより硬くなるため、ガッチリ体型の方には合いやすいと思います。

また、単純に体重に合わせるだけでなく、季節によって使い分けることもオススメです。冬は接触面積が増えるように『コンフォート面』にして、夏は空気の通り道を増やすために『アクティブ面』にするという使い方もできます。

全体的にみて、アクアレストの硬さ調整機能は多くの人にとって有効的なものだと感じました。

高密度キルティング生地は高級感がある

アクアレストの表面生地。

アクアレスト表面の生地は、ふんわり感と高密度なしっかりとした感触が合わり、『もっちり』とした触れ心地でした。

この生地は、世界トップレベルで上質な生地を作るベルギーの「ベカルトデスリー社」の生地が使われているため、高級感と安心感を感じられる風合いです。

また、速乾性にも比較的優れており、ジメーっとする嫌な感覚が少ないのもメリット。ポケットコイルのため、生地だけでなく全体的に通気性が良いマットレスだと言えるでしょう。

詰め物がしっかりしていて“バネ感”は無い

安価なコイルマットレスにありがちな“バネ感”は、普通に寝ている分には全くと言っていいほど感じません。

このバネ感があるか無いかを決めるのは、コイルの上に重ねられている『詰め物』の影響です。詰め物が硬い、もしくは厚みがあるためバネ感があまり無いのです。

ベーシックタイプでは合計13層(オーダータイプでは15層)の構造とホームページに書かれているため、しっかりとした厚みの詰め物になっているのだと予想できます。コイルの反発力も十分に感じられることから、分厚すぎず程よい厚みなのではないかと思います。

また、詰め物の厚み以外に『硬さ』もバネを感じさせない要因だと思います。アクアレストで使用しているコイルの品質を見ると、それほど硬いコイルではない(むしろ少し柔らかめ)のに、実際は硬めの寝心地です。つまり、詰め物や生地によって硬めの寝心地になっているということです。

ただし、個人的にはもう少しフィット性の高い詰め物であれば、より多くの人に合いやすいものになるのではないかと感じました。詳しくはこの後に記載します。

筆者でも若干腰が浮くため小柄な方には不向き

アクアレスト『ベーシックタイプ』のコンフォート面で仰向け寝をする筆者。

筆者(男)は【体重70kg】【身長177cm】【反り腰なし】の標準体型です。

標準体型とはいえ、身長があるため多くの人よりは体重があります。さらに、反り腰でもないため少し硬いマットレスでも馴染みやすいのですが、アクアレストではわずかに腰が浮いてしまう感覚がありました。(柔らかい方のコンフォート面で)

手が入るほどの大きな隙間では全然ないのですが、長時間デスクワークした後に寝転がると腰だけしっかり支えられていない感がありました。

私の体重・体形で上記のようになってしまうため、小柄な方や反り腰がある方にとっては馴染みにくいのではないかと感じます。逆に、80kg~の方にはかなり相性が良さそうな印象です。

シングルサイズでも非常に重たい

アクアレストは2層のポケットコイル(コイル数はシングルで1,224個)を採用しているため、シングルサイズで30kg程度あり非常に重い部類のマットレスです。

持ち手も付いていないため、1人では移動も一苦労です。搬入時は圧縮されているため掴みやすいですが、重量のことを考えると協力者がいた方が安全だと思います。

実際、私が1人で移動させた時に、変な体勢で力を入れてしまったのか背中を少し痛めてしまいました。ダブルサイズでは箱を含めて45kgにもなるため注意して運びましょう。

アクアレストの評判・口コミ

良い口コミ

コンパクトに届くから便利!

息子がハウスダストに敏感なので、 アレル物質対策なのも選んだ理由の1つ! 圧縮ロールでかなりコンパクトになって届くから、 開封するまでの間も場所を取らなくて助かった~♡ 腰痛持ちの方や睡眠の質を上げたい方、 お子様がいるご家庭にとってもおススメです♡ 120日間のトライアルができるから、 気になってる方は一度試してみるのも良いかも!

公式サイトから引用

寝返りしやすい!

私の身長と体重に合わせた オーダーメイドのマットレスが届きました♡ アクティブ(かため)とコンフォート(やわらかめ) のリバーシブル!贅沢な厚みがあるから、 かための方で寝ても深みを感じて感動! コイルの数もシングルの場合上下で 1224個とたっぷりなので寝返りもしやすい!

公式サイトから引用

イマイチな口コミ

アクアレストのイマイチな口コミを探しましたが、見当たりませんでした。

アクアレストは発売からまだ日も浅いのでレビューも少ないのが現状です。レビューが少ないことで不安になる方もおられるでしょうが、万が一体に合わない場合は120日間であれば返品可能なので安心して試してみましょう。

アクアレストのメリット・デメリットまとめ

メリットデメリット
寝返りが打ちやすい
リバーシブルで使用できる
120日間のトライアル付き
通気性が良いので夏でも快適
衛生的な素材や構造
オーダーメイドは納期が長め
重いので持ち運びしにくい
カバーが取り外せない

アクアレストは2層の弾力あるコイルによって寝返りや起き上がりがしやすいのが大きなメリット。また、ポケットコイルマットレスのため通気性が高いのも特徴です。それだけでなく、生地に放湿性の高い素材を使用することで、より通気性を高めています。

デメリットとしては「納期」が挙げられます。ベーシックタイプなら1週間以内にお届けできますが、オーダータイプは45日と納期がかかってしまうので余裕を持って注文するようにしましょう。

さらに、コイルを贅沢に使用している分、重いので持ち運びしにくいというデメリットもあります。シングルサイズで約32㎏なので、気軽にひっくり返せないと感じる人もいることでしょう。とはいえ、納品時は圧縮されてロール状で届くので、女性でも比較的楽に受け取ることができます。

また、アクアレストはカバーが外せないので、敷パッドやボックスシーツを必ず使用するようにしましょう。

オーダー・ベーシックタイプどちらがおすすめ?

『オーダータイプ』と『ベーシックタイプ』で悩んでいる方へ、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか、どんな人におすすめできるのかについて説明します。

オーダータイプとベーシックタイプの違い

比較オーダータイプベーシックタイプ
コイル線径1.5~2.0mm1.5mm(コンフォート面)
1.8mm(アクティブ面)
詰め物綿、ウレタン、不織布、アルゲンブロック、シュレープ(計15層)綿、ウレタン、不織布、アルゲンブロック(計13層)
カラーアクア
グラファイト
スモーキー
モカ
アクアのみ
配送日45日前後1週間以内
サイズシングル、セミダブル、ダブルシングル、セミダブル、ダブル、クイーン
値段90,000円
105,000円
120,000円
80,000円
95,000円
110,000円
130,000円

オーダータイプは自身の性別・身長・体重を入力するだけで、データに合わせたコイルに調整してくれますが、セミオーダーがゆえのデメリットもあります。それぞれのモデルがどのような人に適しているのかについてご説明します。

オーダータイプがおすすめの人

  • 失敗したくない方
  • 硬めが好み、もしくは体重が重ためな方
  • より機能性の高い詰め物を求める方
  • インテリアとしてカラーも重要視する方

オーダータイプは体に合わせてコイル線径を組んでくれるため、既に出来上がっているマットレスを選ぶよりも失敗のリスクが低いといえます。さらに、オーダータイプでは使用される可能性のある2.0mmのコイルは、ベーシックタイプよりも硬いため体重が重ためな方にも向いているでしょう。

また、オーダータイプに限り『シュレープ』という保温性に優れた綿が使用されているため、ベーシックタイプよりも快適な睡眠を得やすい構造です。値段が各サイズ10,000円高い分、失敗リスクが低く機能性は高くなっているので予算に問題がなければオーダータイプがおすすめです。

カラーも4色から選べるため、インテリアに合わせた選択ができるのもメリットです。

アクアレスト『オーダータイプ』のカラー一覧「アクア」「グラファイト」「スモーキー」「モカ」

ベーシックタイプがおすすめの人

  • 標準的な体重の方
  • 早めに届いて欲しい方
  • クイーンサイズを選びたい方
  • 少しでも安く購入したい方

ベーシックタイプは既に出来上がっているマットレスが配送されるだけなので、注文から到着までの日数が短いのが特徴です。「そんなにこだわりはないから早く欲しい」という方は、値段も安いのでベーシックが向いています。

また、ベーシックタイプに限りクイーンサイズのラインナップがあるため、2人以上で寝ることを考えている方はベーシックが良いでしょう。

とはいえ、一般的なオーダーマットレスは非常に高価で20万円ほどするので、アクアレストのセミオーダー制はコスパが良いことがわかります。たった1万円で体に合いやすい寝心地にカスタマイズしてくれるため、基本的にはオーダータイプがおすすめです。

アクアレストのサイズ展開と値段

アクアレストは公式サイトのみで購入できます。Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトでは購入できませんので注意しましょう。

スクロールできます
公式サイト(オーダー)公式サイト(ベーシック)Amazon楽天Yahoo!
シングル90,000円80,000円
セミダブル105,000円95,000円
ダブル120,000円110,000円
クイーン130,000円
キング
送料無料無料

クイーンサイズはベーシックタイプのみ購入が可能です。キングサイズはどちらも展開がないので、シングルを2枚並べるなどして対応するようにしましょう。

ベーシックタイプと比較しても、オーダータイプは1万円しか価格が変わりません。納期に余裕のある方は、オーダータイプのマットレスがおすすめです。

アクアレストマットレスに関する質問

電気毛布の使用は可能?

通常使用であれば問題ありません。

詳しくみる

高温で長時間使用すると、品質が劣化する可能性があります。電気毛布の取扱説明書に従い、正しく使用するようにしてください。

アクアレストを試すには?

実際に店舗などで試すことはできないため、120日間のトライアル期間を使い、自宅でお試しください。

120日間トライアルの流れは?

120日以内でマットレスが身体に合わない場合は返品可能です。

詳しくみる

寝心地が合わなかった場合は、問い合わせフォームを使い、下記の手順で問い合わせましょう。

  1. 名前・住所・電話番号・メールアドレス・注文ナンバーを記入
  2. 問い合わせ種別「返品依頼」を選択
  3. 問い合わせ内容欄には「120日間トライアル利用」と記入

コンビニ払いの場合は返金先の口座名・口座番号も記入してください。

問い合わせ後に届くアンケートに記入し、返信します。商品返送用の袋も送ってくるので、マットレスを売れて運送業者に引き渡しましょう。引き取りが確認できれば返品は完了です。

保証対象は?

正しく使った状態で保証期間内に不具合があった場合のみ対象です。

詳しくみる

取扱い説明書の注意書きに従った状態で、不具合があれば無料修理・交換の対象となります。それぞれの製品の保証期間は下記の通りです。

  • 【10年保証】コイルスプリング
  • 【5年保証】コイルスプリング・表面生地以外
  • 【1年保証】表面生地

いずれも公式サイトで購入した製品のみが対象となるので注意しましょう。

【まとめ】アクアレストはこんな人におすすめ

  • 自分の体に合ったマットレスが欲しい
  • 寝返りや起き上がりで腰が痛くなる方
  • 体重が80kg~
  • 自宅でじっくり試したい
  • 気分によって硬さを変えたい
  • バネ感があるマットレスは嫌だ

アクアレストは、ポケットコイルを1,000個以上使用した贅沢なマットレスです。そのうえ、120日間の無料トライアル期間があることを考えると、かなりコスパの良いマットレスといえるでしょう。

安いマットレスと比べると「高い」と感じる可能性もありますが、セミオーダーでなおかつ多重構造であることを考えると十分価値のあるマットレスといえます。納期がかかってしまいますので、購入を検討中の方はぜひ早めの注文がおすすめです。

目次